Event is FINISHED

Re:design Med Project 2
ジェネラリストは地域のチェンジメーカーになれるのか?!

「創造的に、大胆に、遊び心をもってヘルスケアのほしい未来をデザインする」対話型イベント。デザイン思考を手がかりに、地域包括ケア時代の多職種・多業種連携を考えます。
Description
ご参加いただき、ありがとうございました!
Re:design Med Project 2は終了しました。イベントのご報告や今後のMedical Studioの活動は、Facebookページでアップデートしていきます。


---

創造的に、大胆に、遊び心をもってほしい未来をデザインする」をキーワードに、多職種・多業種でヘルスケアの未来を語りあう冬の参加型全国イベント「Re:design Med Project」第2回を開催します。今回は、3部制です。このPeatixのシステムを使って、それぞれ参加手続きと事前の決済をお願いします。事前の決済は、クレジットカード以外に振込やコンビニ決済も選択できます。各ブロックの定員が限られています。早めの手続きをお願いします。

■ 開催概要


日 時: 2014年3月8日(土)14:00~3月9日(日)17:00
場 所: “志あるチェンジメーカーが世界とつながる秘密基地”「HUB TOKYO」
協 賛: GEヘルスケア株式会社(ブロックA+C)
     オムロン ヘルスケア株式会社(ブロックC)

■ キーワード


「デザイン思考」「地域包括ケア時代の連携」「多業種」

■ 企画主旨


医療は、その役割や機能を大きく変えようとしています。病院で治療を目指す医療から、在宅で完治が難しい病気と長くつきあっていく医療へとその軸足を移そうとしています。
私たちは、ヘルスケアを「生きることへの知恵とその実践のためのシステム」としてとらえ、医学的支援による健康管理だけではなく、社会システムとしての健康の保障や、住民どうしの助け合い支え合いによる健康の保全までを含むものと考えています。地域包括ケア時代のヘルスケアは、新たな視点や視座、考え方を獲得し、保健・医療・福祉の多職種だけでなく、ビジネスや行政を含む多業種で有機的に連携し、展開しなければなりません。
ヘルスケアは、誰のために何のためにあるのか?主役は誰なのか?医療者は、暮らしにおける生活課題をどのように捉え、解決策を主導することができるのか、を考える一日です。キーワードは、「デザイン思考」と「連携」です。ソリューション(解決策)としての「デザイン」発想を学びながら、ヘルスケアを実現するための「連携」の本質を考えます。

■ プログラム


<ブロックA>医療を変える、社会を変える:医療者たちのアイデアピッチ

Medical Studioジェネラリスト・スクール「コミュニティ・ヘルスケア・リーダーシップ学科」の第一期生13人が企画・実行しているコミュニティ・ヘルスケアを推進する「マイ・プロジェクト」をピッチします。地域の力を引き出しつないで、新しいヘルスケアを考え行動する医師や薬剤師が、アイデアや計画をプレゼンします。質問や投票、コメントシートなどで応援するだけでなく、会場に来ればプレゼンから多くのヒントや刺激を受け取っていただけるはず。


日 時: 3月8日(土)14:00~18:00(13:30受付開始)
定 員: 50人
参加費: 1,000円
プレゼンター(氏名のみ、敬称略):
今立 俊輔、宇井 睦人、佐々木 隆徳、瀬尾 龍太郎、高橋 春光、田原 正夫、玉城 武範、塙 勝博、原澤 慶太郎、譜久山 剛、丸山 善治郎、山口 高秀、横林 賢一(計13名)

<ブロックB>Re:design Med Project 2オープニング・パーティー

ブロックAの終了後懇親会と、翌日のイベント前夜祭を兼ねた気軽なネットワーキング・パーティーです。ヘルスケアの「ほしい未来」を多業種で語り合うひととき。

日 時: 3月8日(土)18:30~21:00(18:00受付開始)
定 員: 80人
参加費: 5,000円 ※アルコール飲料等飲食費含む

<ブロックC>Re:design Med Project 2

「創造的に、大胆に、遊び心をもってほしい未来をデザインする」をキーワードに、多職種・多業種でヘルスケアの未来を語りあう冬の参加型全国イベント。今回は、いつもより小規模の150人を定員にします。参加申込みはお早めにお願いします。

日 時: 3月9日(日)10:30~17:00(10:00受付開始)
 員: 150人
参加費: 8,000円(学生6,000円)※昼食費含む
時間割: (登壇者 敬称略)
10:30~11:00 オープニング・セッション
新しいヘルスケアを模索する医療者のプレゼン
高山 義浩(沖縄県立中部病院感染症内科医師)
長谷川 幹(三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長)

11:00~12:30 パネル討議「チェンジメーカーのデザイン思考」
筧 裕介(issue + design 代表)
久米 信行久米繊維工業 取締役会長)
松尾 洋(くまもと健康支援研究所 代表取締役)
紅谷 浩之(オレンジホームケアクリニック 院長)

13:30~16:00 クリエイティブ・ワークショップ「ヘルスケアを”チェンジ”する」

16:10~17:00 クロージング・セッション
岡田 美智男(豊橋技術科学大学 教授、『弱いロボット』著者)

※領収書は、いずれのブロックも当日会場にてお渡しします。一度お振込みいただいた参加費は、払戻ができません。予めご了承ください。プログラムに変更がある場合は、このページか、Medical StudioのFacebookページにてお知らせしていきます。

 お問合せ先:
一般社団法人Medical Studio 担当: 粕谷・坂本
TEL: 03-6407-1071、FAX: 03-6407-1072、Email: info@medical-studio.jp
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-03-10 06:46:58
More updates
Mar 8 - Mar 9, 2014
[ Sat ] - [ Sun ]
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
HUB Tokyo
Tickets
Block A:アイデアピッチ(3/8 14:00~) ¥1,000
Block B:パーティー(3/8 18:30~) ¥5,000
Block C:イベント(3/9 10:30~)《一般》 ¥8,000
Block C:イベント(3/9 10:30~)《学生》 ¥6,000

On sale until Mar 7, 2014, 2:00:00 PM

Venue Address
東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階 Japan
Directions
http://hubtokyo.com/location/
Organizer
一般社団法人Medical Studio
8 Followers